本文へスキップ
京都で自分を見つめる禅修行
緊急連絡のみ TEL.0771-24-0378
※電話での問い合わせは固くお断りさせていただいております。修行予約はこちらをクリック

施設案内

facilities

温泉イメージ

宝泉寺

宝泉寺は臨済宗天竜寺派の末寺で、亀岡市街を一望できる高台にあります。山門横には、桜があり、春には美しく咲き誇ります。夢想国師作とされる、七五三の庭や、崖を巧みに取り入れた鶴亀の庭には、小滝の音が静寂に風情を添えています。紅葉の季節には、池にあるもみじも鮮やかな深紅に色づき、人々の目を楽しませてくれます。


本堂

館内施設イメージ

ご本尊様が祀られている、寺の中心。毎朝、坐禅の後は、この本堂にてお読経をします。一心不乱に読経三昧に入れば、すべての煩悩は消失し、仏さまと自分が一つであることがわかります。








禅堂

館内施設イメージ

禅堂では、朝夕の坐禅を行います。男性は、一人一単(一畳)が与えられ、就寝もここでします。修行僧のように、余計なものはすべて捨て、この「一単」に収まる最低限の持ち物だけの極めてシンプルな生活を体験します。余計なものを捨て去ることで、本当に大切なことが見えてきます。




食堂

館内施設イメージ

朝、昼、晩の食事の際に使用します。坐禅の後や、作務の合間には、お茶を飲みながらの休憩場所にも使用しています。
食事で使用していない場合は、オープンスペースとして、皆さんに自由に使っていただいています。読書をする者、書き物する者、談笑する者など、思い思いにご利用下さい。夏の暑い日などは、冷房の効いたこの部屋で、昼寝をしている人もよく見かけます。





談話室

館内施設イメージオープンスペースとしてご利用下さい。ネットに接続されたパソコンも置いてあり、調べ物などに便利です。飲み物(麦茶、インスタントコーヒーなど)も自由に飲んでください。ここに集まれば、自然と修行仲間との会話が始まります。




雲堂(女子寮と図書室)

館内施設イメージ

ログハウスのこの建物は3室に別れていて、左右の部屋が女性の寮舎、中央の部屋が図書室となっています。女性の部屋(1室定員4名)には、各部屋2台ずつの2段ベッドが設置されています。図書室には、禅や仏教関連図書があり、勉強もできます。




滝ノ間

受付や写経などに使います。鯉の泳ぐ池を眺めながら、写経をするうちに、こころも澄んだ池のように、静まっていきます。



店舗写真

information店舗情報

宝泉寺禅センター

〒621-0825
京都府亀岡市篠町山本中条52
kokugonayk3gm8@me.com
TEL.0771-24-0378(緊急連絡のみ)
※電話での問い合わせは固くお断りさせていただいております。

予約は必ず
予約」フォームからお願いします.

→問い合わせ 電話番号必ず明記
→アクセス

お知らせ:
定員に達した日
「本日から9/9まで(土日一泊座禅会を含む)」と「9/16,9/17」は定員に達しました。